2022シーズンを振り返って〜HCインタビュー〜

2022シーズンを振り返って

今年1年間品川CC ブルザイズを率いてきた八木卓哉ヘッドコーチに今シーズンの振り返りを聞いてみました。

広報担当:本日はよろしくお願いします!
八木卓哉ヘッドコーチ(以下:八木):お願いします!

広報担当:まずはブルザイズでの初めての1年間を終えて全体としてどんな感想かをお伺いしたいです。

八木:今シーズンは、特に秋シーズンに関してX1areaの上位チームに比べて力の差を感じました。選手だけでなくコーチのオペレーションであったり、スタッフの運営であったりトータル的にまだまだチームとして劣ってたなというのが1年間通してのチームとしての感想ですね。

広報担当:ありがとうございます。秋シーズンについては後ほど触れていくとして、今シーズン始まる前はどんなシーズンにしたいと考えていましたか?

八木:私がチームに合流する段階でチームとしての目標は決まっていたので、自分がどうシーズンを描くかよりも今年掲げていた全勝優勝を達成するために自分がどう動いていくかを考えました

広報担当:なるほど、チームに自分が馴染んでいくイメージだったということですね、ありがとうございます。ではシーズンに入っていきます。まずは春季交流戦2試合終えての印象を教えてください。

八木:まず春2試合は、警視庁イーグルスが昨シーズン段階でX1areaの1位相当。で三菱商事CLUBが昨シーズンX2から勝ち上がったチームという相手と試合ができました。戦術面はお互い隠すことが多いので、比較的に素に近い力で戦いましたが試合内容だけ切り取れば「全勝優勝の可能性は0じゃないな」という印象でした

広報担当:そんな期待もありつつ望んだ秋シーズン、前半4試合は勝てない試合が続きましたがその間どのように取り組みましたか?

八木:前半、上位チームと対戦して特にプレーにも影響が出てたのがフィジカル面の差で、コンタクトのスピードも強さも違ったので点差がじわじわ広がるシチュエーションが多かったです。なのでまずそこを見直そうと。練習メニューを試合を意識したものに変えました。具体的には、プレーの確認や合わせの時間を減らし、タックルやブロックのフィニッシュを試合と同様の強度で行う練習を増やしました。

広報担当:練習の強度を少し上げる方向に改善した。

八木:そうですね。

広報担当:その改善の甲斐あってか5試合目のサイクロンズ戦、初勝利した後の率直な感想はいかがですか?

八木:率直な感想ですか(笑) 正直その試合が始まる時点で入れ替え戦にリーチがかかっていて、回避するために絶対勝たなきゃいけない。で、試合の内容自体もブルザイズがリードしていて追われる展開。そこからなんとか防ぎきって勝てたという試合なので、嬉しいよりもまず先に安心感がありましたね(笑)

広報担当:そうですよね(笑)

八木:それに加えて今年のX1areaの日程が過密だったのもあって次の日からは次の相手の研究を始めて週末練習してその次の週は試合に臨まないといけない状況だったので安心感も早めに切り上げて次の試合をどうやって勝つかにフォーカスしました。

広報担当:ありがとうございます。勝った試合に触れたのでもう1試合。やはり最終節の三菱商事CLUB TRIAX戦にも触れておきたいなと思うのですが、最後は同点に追いつきたかったなという思いでしたか?

八木:そうですね、追いつきたかったしあの状況ならいけると思ってました。

広報担当:そうなんですね!前半の段階からですか?

八木:いや、前半段階だと割と厳しいなと(笑) 向こうのオフェンスに全シリーズで得点されてしまっていてブルザイズのオフェンスは継続的な攻撃ができていなかったので、ディフェンスが相手にアジャストして後半止めないと逆転はあり得ないという状況でした。

広報担当:その点が後半からはきちんと改善されました。

八木:はい、それに加えてオフェンスも相乗効果でさらによくなったというのが大きくて後半のパスプレーが連続して決まっていたので最後の1分間もタッチダウンまでいけるなというのは私含めサイドライン全体の雰囲気としてありました。

広報担当:僕は試合中スタンドにいますがスタンドの雰囲気も良く、最後にいい試合を見せれたかなと思いました。リーグ後半戦は勝利や、接戦などの試合ができていた中で、秋シーズンを最終的に振り返ってみていかがですか?

八木:最初の質問に戻りますがやはり差をすごく感じました。良い試合できたのもX1areaの下位チームに対してだけなので、ここから上の入れ替え戦に出れるような強さに持っていかなければいけないということを考えると戦術以前に選手のそもそものファンダメンタルの部分もまだまだ劣ってますし、フィジカルの部分も含めて基礎的なベースを上げないとそもそも勝負にならないというのは大きく感じています。

広報担当:本当に基礎の部分で差を感じたと。

八木:はい。

広報担当:ありがとうございます。ではそれを踏まえて2023シーズン取り組みたいことやブルザイズとしての意気込みをお願いします。

八木:X1areaの舞台をキープできたのでこのオフシーズンはリクルートも力を入れて新しい力をどんどんチームに入れていきたいと思っています。それと既存メンバーが築き上げてきた品川CCブルザイズがミックスするとさらに飛躍できると思うので、まずはしっかりリクルートする。その上で春先に2022シーズン課題だったフィジカルづくりのところと、フットボールのファンダメンタルの部分を徹底的に見直すことが来年の勝ちにつながるなと思っています。地味ですがそういう部分を大事にして臨みたいと考えています。

広報担当:ありがとうございます。では最後に今シーズン応援してくださったファンの方々に一言お願いします。

八木:品川CCブルザイズを今シーズン応援してくださったファンの皆様、ありがとうございます。なかなかリーグ戦で勝利を見せられないシーズンではありましたが着実にブルザイズ自体も強く大きくなっています。来シーズンは多くの勝利をお届けできるよう頑張っていきますのでよろしくお願いします。