2020年5月30日 19:30

俺の一枚。伊池翼編

はじめに

こんにちは!

広報スタッフの竹本です!

20人の選手に、自身の過去のサッカーに関する一枚を選んでもらい、それに対しての解説とコメントをもらうという「俺の一枚」企画。

今日は帰ってきた貴公子・#30伊池翼選手の一枚です!

#30 伊池翼選手プロフィール

 

伊池翼

1994年5月14日生まれ。177cm/69kg

サッカー歴:横浜F・マリノスユース→明治大学体育会サッカー部→品川CC横浜→板付FC

今季、1年ぶりに品川に復帰した伊池選手。

選んでくれたのは横浜F・マリノスユース時代の思い出深い一枚でした。

俺の一枚。

 

伊池選手解説:2006年3月。
ダノンネーションズカップでの1枚。

この大会は優勝すればフランスでの本大会に参加できる大会だった。マリノスの下部組織はユースになるまで2つに分かれているが、この大会は当時のマリノスプライマリー新子安・追浜の選抜チームでの参加となっていた。

予選リーグを突破し、決勝リーグではアントラーズやヴェルディを下し決勝まで登りつめた。

決勝の相手は柏レイソル。後に、6年後の全日本クラブユース選手権大会の決勝戦での相手ともなる。

新子安・追浜の選抜チームのキャプテンを務めたのが現在、横浜F・マリノスのキャプテンである喜田 拓也だった。
前半、ペナルティエリア手前で相手選手を倒したところを審判の判定により一発レッドとなり退場となった彼からキャプテンマークを受け取るシーンがこの写真。
レッドの判定が出た時に監督が猛抗議してくれた姿がとても印象に残っている。
結果は1-2の敗戦。喜田のために絶対に勝ちたいと思っていただけにものすごく「悔しい経験」として思い出に残っている。
この悔しさを胸に、この年の夏に行われた全日本少年サッカー大会で、僕がキャプテンを務めた追浜は決勝トーナメントで柏レイソルを下し全国3位、喜田がキャプテンを務めた新子安は優勝を果たした。

この写真は僕自身にとって「悔しさ」を思い出し、力が湧いてくる写真である。

 

小学校時代の悔しい思い出から一枚の写真を選んでくれました。

世界行きの切符をかけた大事な一戦で、レッドカードで退場した仲間の悔しい思いも一緒に背負ってピッチに立っていたことでしょう。

この写真一枚からでもその悔しさや思いが伝わってきそうな一枚でした。

 

こちらの1枚について、少しお話を聞かせていただきました!

 

ーこの試合、どんな思いで臨まれたか覚えていますか?

優勝したらフランスにも行けたので世界を経験したいと漠然と思って臨んだのは覚えています!
あとは小学校最終学年の歳だったので、自分たちの強さがどれくらいか確かめるいい大会でもあるなと思っていました!

 

ー惜しくも負けてしまったようですが、その後にこの経験が生きたな、と思った瞬間があればお聞かせ下さい!

その年の夏の全国大会でレイソルと当たった時にはこの時の悔しさを全力でぶつけて勝つことができました!
サッカー人生での悔しい経験はいくつかあり、その悔しさを頑張る原動力になりますが、この写真はその時の気持ちを分かりやすく思い出させてくれるシーンかなと思います。

 

ーなるほど。連合チームで敗れた相手にご自身のチームでリベンジできたときはうれしかったでしょうね!
そして6年後にまた柏レイソルと決勝で再戦とは因縁を感じますね。笑

ほんとに嬉しかったですね!全国大会が小学校での1番大きな大会で本番だったので!

ちなみにまた決勝で負けました。笑
その悔しさでその後も頑張れましたが!

 

ーそうだったんですか…
今メンバー見たんですけど、柏レイソルのメンバーは中村航輔選手、中川寛斗選手、秋野央樹選手などレイソルの黄金期が相手だったんですね!

あの時のレイソルのメンバーは昔からあんまり変わらないメンツでユースまでいましたよ!個人個人も上手かったけどそれ以上にチーム力が高かったです!
中村航輔は当時からバケモンで、身長がちいさかったのでこれが身長伸びたらやばいなと思っていたらすくすく伸びて行きました笑

 

ーいまや日本を代表するGKである中村選手が福岡でブレイクする前から、伊池選手はもう凄いと見抜いてたんですね笑

航輔よりすごいって思ったキーパーは正直いなかったかもしれないです!

 

ーすごいですね笑 写真に話は戻りますが、喜田選手(現:横浜F・マリノスキャプテン)とはまだ親交はあるんですか?

彼は一生付き合って行きたい仲だし、ずっと親友だと思います

 

ーそうなんですね!現在、品川にはマリノスユース時代の同期のメンバーが多数在籍しています。その仲間への思いや、今後成し遂げたいことがあればお聞かせください。

マリノス時代のメンバーが多くいますが、みんなと一緒にまたサッカーがしたくて戻ってきたので、一緒に目標に向かってサッカー出来る事が本当に嬉しく思います。チームでの目標を一緒に達成したいです!

 

ーファン・サポーターの皆様も伊池選手やマリノスユースのメンバーに大きな期待をしていると思います!本日はインタビューありがとうございました!

ありがとうございます!僕で良ければいつでもインタビューしてください!!

 

 

ファン・サポーターの方へのメッセージ

様々なカテゴリーでリーグ再開が困難な中難しいシーズンにはなると思いますが、皆さんと共にまた戦える日を楽しみにこの状況で出来る準備をしていきます!

リーグ再開後、今まで溜めてたパワーを一緒にぶつけて熱く戦いましょう!

再開後に、間違いなく関東昇格の原動力となってくれます!

伊池選手、並びに品川CCへのご声援を引き続きよろしくお願いします!