こだわりのMust Tools ~松岡翔選手編~

はじめに

こんにちは。広報チームです。

今回3名の選手から、社会人チームでプレーをする上で欠かすことのできないこだわりの持ち物「Must Tools」を紹介して頂きます。過去にユースや大学、JFLなど様々な環境でプレーをしてきたからこそある選手個人のこだわりやチームメイトも知らない意外な一面をお伝えできればと思います!

第2回目はセカンド所属の#51 松岡翔選手です。

先日行われた1部昇格リーグ決定戦(vs LEOC FC)でもPKを止めた松岡翔選手のMust Toolsとは一体何でしょうか?サッカーに対する思いと併せて是非ご覧ください!

2021シーズンを戦ってみて

―まず初めに昇格戦が残ってっている状況ですが、2021シーズンを一度振り返って頂けますか?

個人的にはリーグ戦に全試合フル出場させてもらっていますが無失点だったのは1試合だけで、そこは自分の課題だと感じています。また、失点をしてしまっているので本当にチームに貢献できているのか、もどかしく思うことがありました。だからこそ、これから結果で取り返していきたいです。

―品川CCは”仕事もサッカーも全力”という考え方をとても大切にするクラブですが、それを体現するために意識されたことはありますか?

何事にも前向きな気持ちで取り組むことです。自分は茅ケ崎に住んでいて、東京の職場まで片道1時間半かかるのですが、準備をしっかりとしたいタイプなので、毎朝5時半に起きて6時半の電車に乗ります。そこから19時頃まで仕事をして、20時半から練習に臨みます。帰宅する時間は大体23時頃ですが、“自分がやりたくてやっている生活”なので苦ではなく、むしろ楽しいと感じているので1年間続けることができました。

―同様に試合中に意識していることはありますか?

試合のファーストプレーを大切にしています。最初のプレーがうまくいけば、「今日の自分は調子がいいぞ」と自信を持てます。逆に失敗した時は「1回ミスが出たからもう出ないぞ」と考えるようにして、常に前向きな気持ちで試合に入るように心掛けています。

松岡選手のMust Tools

―では、今回持ってきて頂いたMust Toolsを教えてください。

毎日持ち歩いている「ハンドクリーム」です。

―こちらを選ばれたのはなぜですか?

実はハンドクリームが好きで「仕事中は香りがしないもの」「プライベートはいい匂いがするもの」「寝る前は・・・」という感じでシーンに合わせて使い分けています。

―そうだったんですね!いつからハンドクリームを愛用しているんですか?

高校性くらいですね!きっかけは、キーパーをしていると手の乾燥や蒸れがひどくて、ケアをする目的で使い始めました。そこから段々ハンドクリームに興味が沸いてきて、色々調べていき今に至ります!()

―ハンドクリームを使い始めてから松岡選手自身に良い影響はありましたか?

気持ちを切り替えるスイッチになっています。ユニフォームを着た瞬間から試合モードに気持ちを切り替える選手もいたりしますが、自分はこれを使う瞬間が気合を入れる引き金になっています。これは仕事の時も同じです。自分は試合前のルーティーンがあるのですが、似たような感じで就寝前のルーティーンにしています。塗り忘れると気分が落ちるくらいです・・・

―松岡選手にとってハンドクリームは、必要不可欠な存在なのですね!

はい!そうなんです!

1部昇格リーグ決定戦(vs はやぶさイレブン)への意気込み

―最後に昇格戦への意気込みをお願いします。

シーズン初めから瑠伍さん(加藤瑠伍セカンドチーム監督)を中心に目指してきた目標を絶対に達成できるように、チーム一丸となって皆さんの期待に応えられるよう頑張ります。

―試合中はチームを最後方から支える絶対的守護神#51 松岡選手も、ピッチの外では意外な一面を持っていましたね!2022年も松岡選手の活躍にご期待下さい!!