僕が思う仕事とサッカーを両立する意義~#1岡田明久~

はじめに

こんにちは。キャリアデザイン部です!

今回は、鹿島アントラーズユースから水戸ホーリーホック、鈴鹿ポイントゲッターズで約5年のプロ生活を経験し引退。サッカーから離れる決意をし就職。そして、2年半のブランクを経て仕事とサッカーの両立という選択をした#1岡田明久選手にインタビュー。チーム内では選手にもスタッフにも積極的に話しかけるムードメーカー的存在!2年半のブランクを経てまたサッカーの世界に戻る決意をした理由、そして仕事とサッカーの両立でしか経験できないことや得られない充実感について語ってくれました。是非、ご一読下さい!

プロの道の選択と当時の生活について

ーこれまで話す機会はありましたが、経歴や入団の経緯を聞く機会がなかったのですごく楽しみです!早速ですが、サッカー選手としての経歴について教えてください。

岡田:僕は、ずっとプロを目指していました。中学、高校と鹿島のユースに所属していましたが、高卒で鹿島アントラーズに入れず、大学に行く予定でした。そんな時に水戸ホーリーホックから話をいただき、夢だったプロサッカー選手の道を選択しました。当時、親も含め周りの大人からプロになるよりも大学に進学することを勧められていて、あまり乗り気ではなかったんですが、プロに所属しながら通信で大学に通うことにしました。正直言うと、それでプロに進むことを了承してもらった感じです(笑)

ープロでありながら大学にも通っていたんですね!振り返ってみて、その時の選択をどう思いますか?

岡田:当時はほんと嫌でしたよ。だって勉強嫌いですもん(笑)でも、今思えばどちらかだけを選択していたら、経験できることや今持てる選択肢が少なくなっていたと思います。例えば、大学でサッカーを続ける選択をしていたら、プロになれなかった可能性は高いと思います。一方で、プロで大学に通わない選択をしていたら、今僕が持てる選択肢の数は確実に減っていたんじゃないかと。あの時いやいやながらも大学に通ったお陰で、やりたかったことを経験できている人生になっているんじゃないかな。あの時、説得してくれた周りの大人に感謝ですね。

ー両立の選択をしていたのは大変だったと思いますが、今その選択がプラスになっていることを実感しているんですね。6年のプロ生活を経て引退、社会人になった時の話を聞かせください。

岡田:最終的に6年続けましたが、本気で引退を考えていたのは5年目でしたね。オーバートレーニング症候群で3カ月半プレー出来ない状態になって。その年はやり切ると決めていましたが、もうサッカーで一流にはなれないと思ったのが、引退に至る大きなきっかけです。

ー最終的に1年長く続けたのはなぜなんでしょうか。

岡田:その年JFLへの昇格できなかったんですよ。僕自身はラスト1年と思っていたものの、まともにプレーが出来ず、このまま引退を決めて後悔しないかをずっと自問自答していました。最終的に出した答えは「やるならあと1年だけ。鈴鹿で。JFLの昇格に貢献する」でした。1年で辞めると宣言して始まった6年目だったので、覚悟感は違ったと思います。鈴鹿よりもいい条件でオファーをいただいてたチームもありましたが、鈴鹿でしかしないと決めて残ったこともプラスに働いたと思います。選手個人としては、サッカー選手として一番チームと向き合えた1年だった気がします。個人として上を目指さないのが良いか悪いかは置いといて、自分よりもチームの昇格が一番、そのための練習と思って取り組むことで、不思議と情緒が安定したり、何よりこれまでのサッカー人生でサッカーをしていて一番楽しかったんですよ。プロ生活を終える最後の1年としては最高だったと思います。完全燃焼してもうサッカーしないと決めていたんですが…今品川にいます(笑)

プロ引退後の生活について

ー品川CCに入団するまで2年半ほどサッカーから離れてましたよね?引退後、品川CC入団までのことについて教えていただけますか。

岡田:先ほどもお伝えしましたが、もうサッカーはしないと決めて就職活動をしていました。生活は大きく変わるなという漠然とした不安がありましたね。無職の状態で就職活動は手探りかつ面接の場で戦うのは3つ年下の大学生。サッカーでいろいろ頑張ってきた自負はありましたが、就活に全てが活かされる訳ではないということを痛感しましたね。当時やりたいことも明確ではなく、知っていることもかなり少なかったために、スポーツに関われるものなら何でもいい、でも指導者は今まで近くで見てきていたので、新しい世界を経験できる仕事に就きたいってくらいで就職活動をしていましたからね。ことごとく落ちましたよ(笑)

ーそんな中、現職(マネージャー業)を選択したのはなぜですか?

岡田:まず、自分自身の知らないことが多すぎるということに気づき、無知が一番怖いと思うようになりました。そんな時に、知らないことを沢山教えてくれたのが「サッカー」という共通言語で繋がった人たちでした。これは、会ったことあるない関係なしにですね。今はSNSというツールを通じて、行動さえ起こせば何かは得られる世の中だと思います。サッカー選手であった事実を通じてメディア、広告、人材、IT系など沢山の人と繋がることができ、その方々から知らないことを沢山教えてもらうことができました。知らないことが減っていくことで不安が解消されていき、自分はエンタメが好きなのかもしれない、何でエンタメが好きなんだろうということを深掘って考えていくと方向性が定まってやりたいことが見つかっていった感覚を覚えています。ありがたいことに、面接対策や現体験に基づく成功例を教えてくれたこともあり、徐々に内定をいただけるところが増えていきました。その中でもやりたいことに近いことが出来そうだったので現職に決めました。「サッカー」という共通言語の影響力は思っている以上に大きいことをこの経験を経て知りましたね。

ー仕事を通じてやりたいことって具体的にはどんなことなんでしょうか。

岡田:端的にいうと「アスリートの価値を上げる」ということです。アスリートの価値に対する考え方はいろいろあると思いますが、僕が考えているのはアスリートが現役を引退し社会に出る時の評価だと考えています。元アスリートの僕が働く中で感じるのは、サッカーという狭い世界ではあるものの、サッカー選手として培ってきた考えて行動することや何かを成し遂げるために現状に満足せず改善し続ける思考と行動は、ほとんどのアスリートが長けているんじゃないかと思うんです。その価値を証明し発信していくことが、現職を通じて僕がやっていきたいことですね。

品川CCへの入団経緯と両立生活について

ーその想いと「仕事もサッカーも全力」を掲げる品川CCへの入団は関係あるのでしょうか。

岡田:いや、実はなくって(笑)現職のOBの方が吉田さん(GM)と繋がっていて紹介してくれたということはあるんですが、僕は仕事を頑張るため、仕事に還元していくためにいろんな方と話したいというだけで、自身がまたサッカーをする気なんて全くなかったですよ(笑)

ーまさかですね(笑)そこから入団に至ったのはどんな経緯があったんですか?

岡田:吉田さんと話す中で、ビジネスマンとして学ぶことが本当に多かったです。話の流れで、吉田さんから品川CCへ入らないかと誘っていただいたんですが、実は一度断ったんですよね。一度練習に参加しただけで膝に水が溜まったり、マネージャー業は休みが不定期なこと、その時すでにブランクが2年半ありその怖さもあって。「吉田さんに誘ってもらったけど、サッカーはもうできない」と繋いでくださったOBの方に言ったら「だからダメなんだよ。仕事でうまくいってない今、吉田さん、俺に何か力になれることがあるのか。サッカー選手でしかないだろ、これでしか貢献できないだろ」と言われたんですよ。もうそれを言われたらやるしかないですよね(笑)

ー実際に品川CCに所属することで仕事でもプラスになっていると感じたことはありますか。

岡田:仕事がうまくいっていない中で何か貢献できることと思って入団しましたが、プラスになってることしかないですね。まず、仕事においてはサッカー関係の案件に関して頼っていただけていることですし、仕事ではないところにもうひとつの居場所があることでうまくいかないことがあったとしても切り替えができ、また仕事と前向きに向き合えていますね。仕事って一生懸命頑張っているからこそ、うまくいかないときって想像以上に辛くて、それを切り替えられる場所があるってほんと大切ですね。これは仕事だけでなく、うまくバランスが取れる場所があるのは人生的にも充実すると思います。あとは、僕自身がサッカーを続けていることは、アスリートを体現している状態なので、プロの時とは違いビジネスマンとしてサッカー選手を体現しながら、アスリートとスポーツの価値を上げられているんじゃないかと。新しいアスリートの形を身をもって作っていることが、仕事にも活きていると思いますし、「仕事もサッカーも全力」を掲げる品川のモデルになれたらと思って品川の選手として活動しています。

ー品川CCでサッカーをすることは目的ではなく、手段とよく吉田さんも言ってますが、まさにそれを実践しているなと思いました。今後の目標について教えて下さい!

岡田:これからもアスリートの価値を上げていけるように頑張りたいと思っています。仕事では、品川での活動を発信しながら、模索を繰り返しアスリートの価値を上げることを実現していきたいです!今、プロ引退時の僕と同じような悩みや境遇の方がいたらぜひ「サッカー」と言う共通言語を通じて繋がりましょう!僕自身もまだまだあがきながらアスリートで培った経験を活かして、スポーツ×エンタメを盛り上げる仕事をしていきます!!

今後のキャリアに悩む選手へ伝えたいこと

ープロ引退時の岡田選手と同じく、今後のキャリアを考え悩んでいる選手も多くいるかと思います。そんな選手の皆さんへメッセージをお願いします!

岡田:僕自身プロでサッカーを全力でしてきたことに自信を持っていました。その分、サッカーではない土俵に立った時に何をしたらいいか分からず、一人で悩んでもがいていた時期もありました。今思えば、もっと早く周りに相談したり意見を求めたりという行動をしていればよかったと思います。一人で考えて出せる選択肢って、自分の知見や経験の中でしか出せないと思うんですよね。それって、知らないうちに自分自身の可能性を狭めてしまうことになるんですよ。皆さんがプロでサッカーをやってきた経験は、サッカーという土俵でなくても価値があります。僕はもう引退して社会でその価値を体現しているので、同じような境遇の方がいたら、話を聞いて共感したりある程度の道を示せたり、多少は力になれるかなと思います。当時の僕と同じように悩んでいる方がいたら、是非僕や品川に連絡をして欲しいです!

ファンサポーターへのメッセージ

ー最後に、いつも応援して下さっているファンサポーターの皆さんにメッセージをお願いします!

岡田:いつも熱い応援をありがとうございます!今シーズンは望んでた結果を出せず、本当に残念ですし、僕自身結果に貢献できなかったことを不甲斐なく思っています。ただ、すでに品川は来シーズンに向けて動き始めています。これからも品川CCと、ついでに岡田明久の応援をよろしくお願いします!

ー本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました!来シーズンの品川CCと岡田選手の今後の活躍を楽しみにしています!