2018年11月19日 8:21 クラブ

第52回関東社会人サッカー大会 結果報告

ニュース記事「第52回関東社会人サッカー大会 結果報告」のサムネイル

クラブ史上初となる関東社会人サッカー大会に挑んだ品川CC横浜でしたが、ベスト4の成績で大会を去ることになり関東リーグへの昇格を逃す結果となりました。この大会に向けてクラブにご支援いただいたスポンサー、サポーターの皆様、そして選手のご家族、ご親友、ご同僚の皆様には言葉で言い尽くせないほどの御礼を申し上げますと同時に、ご期待に添うことができず大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そして県リーグで熾烈な優勝争いを繰り広げた東邦チタニウムの皆様、準決勝で素晴らしい試合を戦ったCriacao Shinjukuの皆様には、この度の関東リーグへの昇格(※)に対し、心よりお祝い申し上げます。

関東社会人サッカー大会を終え一区切りではございますが、シーズンはまだ終わっていません。今週末には連覇を懸けたリーグカップの戦いが再び始まり、年明けの社会人サッカー選手権ではトップチーム・セカンドチームの2チームがエントリーします。さらに4月には前年王者として今まで以上に厳しいリーグ戦の戦いが始まります。昇格に向けたリスタートは、すぐそこまで近づいています。

品川CC横浜は、県リーグ3部から2部への昇格(2010年)、そして2部から1部への昇格(2015年)ともに、一度壁にぶつかりながらも次は確実に突破する経験を経て成長したクラブです。今回の戦いで足りなかった自らの実力を真摯に見つめなおし、クラブとしてより一層の高みを目指すための体制を整え、皆様の期待に応えていく所存です。

大変僭越ながら、引き続きご支援頂ければ大変嬉しく存じます。今シーズンも引き続き、宜しくお願いします。

※関東社会人サッカー大会の結果に基づく関東リーグへの昇格は、11月20日(火)に開催されるJリーグ理事会でヴァンラーレ八戸(JFL)のJ3参入が正式に承認されてからの決定となりますが、同チームが成績を含めた昇格要件を満たし、同チーム公式HPにて既にJ3への参入を示唆する旨告知されているため、本記事においても同チームのJ3参入を前提とした昇降格動向に見解を基づくこととします。