2020年5月27日 19:15

俺の一枚。吉永和真編

はじめに

20人の選手に、自身の過去のサッカーに関する一枚を選んでもらい、それに対しての解説とコメントをもらうという「俺の一枚」企画。

今回は、今季東京23FCから加入の#35 吉永和真選手です!

#35 吉永和真選手プロフィール

吉永和真

1992年10月21日生まれ 170cm/63kg

サッカー歴:拓殖大学麗澤会体育局サッカー部→ロットヴァイスダルムシュタッド(ドイツ)→浦安SC→松江シティFC→東京23FC

海外リーグ、関東リーグや中国リーグも経験するなど、経験豊富な和真選手。

一体どんな一枚を選んだのでしょうか?

俺の一枚。

 

吉永選手解説:試合中に頭から出血、交代を促されるもプレー続行を志願し、再度プレー。プレー続行後1プレー目にヘディング、観客からは悲鳴が、、、!笑
このあと15針縫いました!

すごい一枚を選んでくれました、、、笑

この写真について細かく聞いてみました!

 

ー包帯が厚くまかれてますが、1プレー目でヘディングするとき躊躇したり、怖い思いはありましたか?

試合中に躊躇うことは全くなかったですね!

 

ーガッツがすごすぎます。笑 チームメイトの反応はどんな感じでしたか?

チームメイトは、頭切った時に、とりあえず早く外に出ろ!って感じでした

 

ーこの後最後までプレーし切ったようですが、プレー続行を志願したその心境と、この試合の結果をお聞かせください!

頭切ったくらいで、試合に出ないという選択肢は考えられなかったので、志願しました!

この試合は、無事勝利しました!

 

ー当時在籍していた、松江シティ時代に得たもの、印象深かったものはありますか?

ファン、サポーター、地域の方々に支えられてチームが回っていること、それが力になることを学びましたね。

 

ーその地域の方に支えられてるな、と実感した瞬間となにかエピソードはありますか?

多くのスポンサー様の皆様といろんな形で話す機会があったり、スポーツジムで働いていたこともあり、サポーターの方々に常に声をかけてもらえる環境にあった為、常日頃感じてました!

地決や全社で、休みがちになった時にジムの会員の方々に「ファンクラブ作って支えようか?」って言われた時はうれしかったですね笑

 

ー心温まるエピソードですね!そんな松江シティサポーターの皆様をはじめ、浦安SCや東京23FCのファンサポーターの方々へメッセージがあればお願いします!

過去所属チームのファン、サポーター様、品川CCは、社会人サッカーの魅力が詰まったチームになってます!
一点お願いがあります!
今後対戦することになったらブーイングの嵐で構いません!ですが、試合の時間が被ってない時は声援を送ってください!できれば会場に足を運んでください!お待ちしてます!

 

ーそんな素敵なチームを経て、今季品川CCに加入した和真選手。入団の決め手と今季の意気込みを聞きたいです!

品川に入った決め手は、吉田さんをはじめ、周りの選手から、サッカー以外でも多くのことを学べると感じたからです。

1.5キャリアとして新しい環境を全力で楽しみ、結果にこだわってシーズンを終えます!

 

ー期待しています!本日はありがとうございました!

ありがとうございました!

ファン・サポーターの方へのメッセージ

熱いプレーで皆様と闘えるよう、今できることをチーム全体で考え最高の準備をしております!
家にいなければいけない時間が多く、ストレスを感じてると思いますが、今、できることを全力で楽しみ、最高の準備を共にしていきましょう!

華麗なテクニックとスピードで谷本を沸かせてくれることでしょう!

吉永選手、並びに品川CCへのご声援を引き続きよろしくお願いします!